ご購入・ご売却ガイド

不動産を売却したい・購入したいお客様へワンポイントアドバイス

1.ご購入のご相談

不動産を購入する時は、さまざまな手続きが必要になってきます。
まずは、相談にのってくれる不動産会社を見つけるのが第一歩です。
不動産の購入目的や希望条件などをまとめておきましょう。希望条件に優先順位をつけることも大切です。購入に際しての自己資金やローン返済の計画もしておきましょう。

2.資金計画

資金計画について検討します。購入にあたっては、物件価格の他にも、税金などのさまざまな諸経費が掛かります。一般的には、ローンで借りる金額と自己資金の合計から諸経費を引いた金額が、購入可能な物件価格といわれています。
自己資金については、購入価格の2割程度は準備しておきたいものです。

ローン借入金額+自己資金 = 購入可能な物件価格+諸経費

購入に掛かる費用

購入する物件(中古または新築)、または取引形態(仲介・代理・売主)によっても経費は異なります。ここでは基本的な費用についてご紹介します。

  1. 契約時(手付金・印紙代・仲介手数料の一部など)
  2. 引渡し時(残代金・登記関係・固定資産税・管理費等・ローン関係・保険料・仲介手数料の残金など)
  3. 引き渡し後(固定資産税都市計画税・不動産取得税・引越費用ほか)

3.希望不動産の情報収集

価格帯や希望地域などをある程度決めておきましょう。大切なのは、できるだけ多くの情報に目を通すことです。インターネットや広告、住宅フェアなどをフルに活用して、希望の不動産をとことん探しましょう。

4.不動産の視察

気に入った不動産が見つかったら営業スタッフの案内で、現地に足を運びましょう。周辺の環境や交通機関、日当たりなど、インターネットや広告ではわからない様々な発見があるはずです。

チェックポイント

  1. 物件のチェック(築年数・管理状況・交通・日当たりなど)
  2. 生活環境のチェック(スーパー・公園・病院・学校等)

5.購入

検討した上で希望の不動産が見つかったら、「不動産購入申込書」にて購入の申し込みをします。

6.契約条件の確認・調整

購入条件や代金支払条件、引き渡し時期など、不動産会社の担当者を通して売り主と調整・交渉を行います。

7.不動産売買契約

契約条件の合意後、不動産会社から重要事項の説明を受けた上で、売り主と売買契約書を交わし、当事者の権利・義務等を明確にします。

契約時に必要なもの
ご購入の契約時に必要な主なものを紹介します。

  1. 印鑑
  2. 手付金(現金または預金小切手)
  3. 印紙代(売買金額によって異なります)

8.ローンの申込

契約が終わったら、必要書類を揃え住宅ローンの申し込み手続きを行います。(建物の場合)不動産会社によっては、金融機関との提携ローンを紹介してくれます。確認してみましょう。

住宅ローンの種類
大きくわけて3つのパターンがあります。各機関で手続きが異なります。

  1. 公的融資
    固定金利で長期間の返済など、民間融資と比べてもメリットがあります。住宅金融公庫、年金住宅融資、財形住宅融資、地方自治体の融資などがあります
  2. 民間融資
    銀行や信用組合などの民間金融機関の融資です。現在は公的資金より金利面で有利な商品もあり、種類も多く、比較的借りやすいといえるでしょう。
  3. 勤務先等の社内融資
    あなたのお勤め先でも住宅取得のための社内融資があるかもしれません。会社によって融資の条件は異なります。

9.残代金の支払い・不動産の引渡し

ローンを組んだら、自己資金の残りと融資されたお金で売買代金の全額を支払います。あとは物件の引き渡しとなります。

残代金の支払いの際に必要なもの
ここでは残代金の支払いの際に必要なものをいくつか上げてみました。

  1. 印鑑
  2. 通帳・通帳印
  3. 住民票
  4. 残代金・精算金
  5. 登記費用
  6. 仲介手数料

10.新生活のスタート

いよいよ新居での新生活のスタートです。公共料金・郵便物・役所の手続き・カードの住所変更などの手続きを忘れずに行いましょう。



上記物件の売買のご相談・ご連絡は、お問合せフォームよりご連絡ください。
〒310-0803 茨城県水戸市城南3-12-5 TEL:029-227-4433 FAX:029-221-6603


SUUMO

アットホーム

HOME'S

yahoo不動産